漢方薬

漢方薬

漢方薬って聞いた事があると思います。

漢方薬って二つ以上の天然の生薬を組み合わせて配合されたものを指すそうです。
複合薬ってことになりますね。複合薬なので、いろいろな成分が含まれている場合が
多いそうです。

また複合することで、薬の効果を増強させたり、副作用を緩和させたりする
役割もあるそうです。また漢方薬の目的として、自然治癒能力を高めることを
目的としているそうです。

漢方薬の西洋医学との違いとしては、処方される方の体質や、自覚症状などに
よって配合や処方の方法を変更するという点にあります。

なので似たような症状の人でも体質などで、配合が変化するということですね。

また漢方は「気」、「血」、「水」という要素の他いない循環であるという
考え方があります。

西洋の医学とは、全然違いますよね。
本来、漢方薬とは病気になってから処方するのではなく、病気を未然に防ぐ
ということが根本的なコンセプトになっているようです。

それに比べて西洋医学を病気になった場合に処方し、その病気に対して
ピンポイントで効果を発揮します。

なので漢方薬は薬は薬なんでしょうが、健康を維持するための
体に良い成分という感じですね。しかも西洋医学の薬とは異なり
すべて天然の成分で作られています。

copyright(C)パワフル男生活